就業規則作成・見直しのメリット

◆就業規則をつくるメリット◆


【従業員との無用なトラブルを未然に防ぐ】

近年、会社と従業員とのトラブルが多くなっています。
このトラブルの原因は、
@リストラや懲戒などの「解雇」と、
Aサービス残業などの「労働時間」、に関するものがほとんどです。

従業員との無用なトラブルから会社を守るためには、「自社の実態に合った」就業規則を作成・見直しすることにより、これらの問題を未然に防ぐ必要があります。


【従業員の問題行動を予防する】

会社内には問題を起こす従業員がいるものです。
たとえば、不注意ミスでクレームの多い従業員がいます。このまま放置していたら他の従業員から不満が出て、規律が乱れるので、この従業員には懲罰を与える必要があります。

この懲罰の根拠となるのが就業規則です。懲戒規定に基づいて、始末書・減給などの処分を行えば、どこからも文句は出ません。また、他の従業員が問題を起こすことを予防することにもなります。

【従業員の定着率がUPし、優秀な従業員が増える】

もちろん就業規則を作成・見直しするだけで、従業員の士気が上がることはありません。士気を上げるには、頑張った従業員がきちんと評価され、その評価が賃金に反映することが必要です。

しかし、就業規則に基づいて規律を守ることで、従業員一人一人の勝手な判断・行動を防ぐことができ、社内に結束力が生まれます。
従業員に賃金や労働時間・休日などの労働条件を明示し、その労働条件を守ることで、従業員が会社を信頼して安心して働くようになります。また、求人・採用に際して労働条件を明示することで、雇用後に「知らない、聞いていない」などの不平が出なくなります。

就業規則の作成・見直しは、業績向上への土台となるのです。