就業規則の作成料金

◆就業規則の作成料金◆


【『社労士がつくるモデル就業規則』利用の場合】

弊事務所オリジナルの就業規則を基に、貴社独自項目を取り入れたセミ・オーダーで作成します。労働局などのモデル就業規則と違い【注意点】を押さえているので安心して運用できます

<基本料金> と <オプション料金> の <合計金額> となります

<基本料金> 30,000円

就業規則本体・賃金規程・育児介護休業規程を含む、修正1回分を含む、
完全週休2日制、1事業場、従業員数50名様まで

<オプション料金>

変形労働時間制を採用の場合 :30,000円
退職金規程の作成または変更 :30,000円〜100,000円
各種規程の作成または変更:1規程(分野)毎に :30,000円
賃金の内、手当てが残業代を除き3種類以上の場合:30,000円
修正2回目以降   :1回につき30,000円
複数事業所の場合:1事業場毎に30,000円
労働基準監督署の是正勧告への対応(労基署への報告書作成を含む):30,000円
労使協定書の整備 :最初の1件30,000円:2件目以降15,000円
従業員説明会(1回1時間まで)及び従業員代表選出についての従業員側(または会社側)への簡単な説明        :30,000円


【『貴社独自仕様』の場合】 

社長の「思い」を反映させる就業規則をオーダー作成いたします

就業規則の新規作成 :200,000円 (顧問契約の場合100,000円)
就業規則の見直し  :150,000円 (顧問契約の場合100,000円)
各種社内規程の新規作成、他   :個別お見積もり