年金額試算サービス始まる(06年2月号)

年金額試算サービス始まる

2005年12月から社会保険庁はインターネットに接続できる携帯電話から年金額を簡易に試算するサービスを始めました。一定の条件を満たせば誰でも利用でき、年金加入期間などを自分で設定して試算することができます。試算の対象は、社会保険庁が支払う老齢基礎年金、老齢厚生年金の年金額(つまり、「基金」の分は反映されません)ですが、将来の年金額を保障するものではありません。

◆アクセス方法

携帯電話で下のアドレスを直接入力し、「自分でできる年金額簡易試算」をクリックすると試算のために必要な項目を入力することができます。

http://www.sia.go.jp/k/

このシステムを利用するには次のような前提条件があります。
@簡易試算を行う時点で、60歳未満であること
A簡易試算を行うには、加入期間が合計25年(300月)以上あること。
B年金額は、60歳到達月に退職しているものとして計算します。

一部の機種では利用できない場合がありますが、その場合はパソコンから社会保険庁ホームページの「自分でできる年金額簡易試算」を使って試算することができます。

◆実際の試算の方法

@生年月日と性別を入力します。
Aこれまでの年金の加入期間と厚生年金の期間については平均給与額を入力します。
B60歳までに見込まれる年金の加入期間と厚生年金の期間について平均給与額を入力します。
C入力に間違いがなければ試算のスタートをクリックします。
D1年間に見込まれる年金額、指定した年齢までのおよその累計額を求めることができます。