年金の加入期間がネットで確認可能に(06年4月号)

年金の加入期間がネットで確認可能に

社会保険庁は、年金の加入期間などの記録をインターネットのホームページ上で確認できるサービスを近々開始します。加入記録の照会に関する申請手続・記録の受取りはこれまで、社会保険事務所に直接足を運んで行うか、申請のみインターネットで行い、郵送で記録を受け取る方法などが一般的でした。

◆今後は

ここ数年、社保庁へ、年金の権利が手続き上のミスなどで失効していないか、将来受け取れる年金見込額はどのくらいかなどの問合せをする人が多いですが、その手続きは非常に手間がかかるという不満もありました。このサービスが始動すれば一度登録するだけで、インターネットを通じて、いつでも自分の年金記録を確認できるようになります。

◆利用法は

社保庁では3月下旬からホームページ上で利用希望者を受け付けています。申込み後に郵送で、インターネット上での閲覧に必要となるID番号とパスワードが郵送で送られてくるので、それを入力すると年金記録を確認できるという仕組みです。

◆具体的には

閲覧が可能となるのは、国民年金と厚生年金の加入・未加入期間。種々の保険料免除制度などを利用していた期間。また厚生年金の場合は、保険料を納めていた期間に所属していた企業名や、標準報酬月額(保険料算出の基準となるもの)も確認ができます。