雇用保険の基本手当日額が変更されました(06年8月号)

雇用保険の基本手当日額が変更されました

◆8月1日から適用

厚生労働省の毎月勤労統計調査による平成17年度の平均給与額が、平成16年度の平均給与額より約0.4%上昇したことから、上昇率に応じて、基本手当日額の最低額および最高額が平成18年8月1日より変更されました。

基本手当日額の最高額および最低額は、離職の日における年齢に応じて以下の通りとなっています。

◆基本手当日額の最高額

@ 60歳以上65歳未満
(現行)6,781円 →(変更後)6,808円

A 45歳以上60歳未満
(現行)7,780円 →(変更後)7,810円

B 30歳以上45歳未満
(現行)7,075円 →(変更後)7,100円

C 30歳未満
(現行)6,370円 →(変更後)6,395円

◆基本手当日額の最低額

(現行)1,656円 →(変更後)1,664円
<例1>
賃金日額が6,000円である60歳未満の受給資格者に係る基本手当日額
(現行)4,354円 →(変更後)4,359円
<例2>
賃金日額が9,000円である60歳未満の受給資格者に係る基本手当日額
(現行)5,485円 →(変更後)5,497円

◆「基本手当の日額」と「賃金日額」との関係

@基本手当(求職者給付)の1日当たりの支給額を、「基本手当の日額」といいます。
A基本手当の日額については、離職前6カ月間の平均賃金額をもとに計算され、離職前6カ月間における1日当たりの平均賃金額を、「賃金日額」といいます。
B基本手当の日額
賃金日額×給付率(80%〜50%)→ 賃金水準が低いほど高い給付率となります。