派遣社員の雇い入れ時健診は?(6月19日)労務相談Q&A

派遣社員の雇い入れ時健診は?

Q.今回初めて、派遣社員を受け入れます。人を雇い入れる時には、雇い入れ時健診を行わないといけないと思うのですが、この雇い入れ時健診は、どのくらいの期間内で行えばよいのか教えてください。

A.派遣労働者については、雇入れ時と定期の一般健康診断は、派遣元(派遣会社)の責任です。

ただし一部の有害業務に就く労働者に対する特殊健康診断は、派遣先(貴社)の責任となります。


現在は、派遣会社の加入する「はけんけんぽ」なるものがあり、中小の派遣会社でも加入しています。ご確認ください。

★補足★

●雇入れ時検診の時期ですが、特に定めはありません。ただ、その本来の主旨は就業禁止疾病の発見等であるので、遅くとも研修中など正式配属までの完了が望ましいと考えます。

当方の関与先である食品製造工場では、「検診での異常なし」を雇用契約の条件(合格通知の際、受診を指示)としました。

本人の体質等を考慮することなく職場配置した場合に、会社側の安全配慮義務違反が問われることも有り得るからです。

なお、健康診断が応募者の就職差別につながらないようにご注意下さい。