ネットに「職の百科事典」 504職業の適性・賃金公開(9月17日 朝日)

●ネットに「職の百科事典」 504職業の適性・賃金公開(9月17日 朝日)

500を超える職業を紹介する情報データベース「キャリアマトリックス」を、独立行政法人の労働政策研究・研修機構がインターネットで公開し始めた。仕事の内容や平均的な賃金、労働時間だけでなく、どんな人が向いているかなど、多面的な情報を発信する、いわば「職の百科事典」。就職に悩む若者や転職に迷う人に役立ててもらう狙いだ。

データベースは、働く人約50万人、約600の職業団体などから情報を収集、5億円を投じ、5年かけて開発した。

網羅した職業は504。日本の労働者全体の9割がこれらの職業に就いている。パイロットやモデル、スポーツ選手、料理人、宗教家、アウトドアインストラクターなど多彩だ。それぞれ「どんな職業か」、就職要件や資格を解説した「就くには」、「労働条件の特徴」などをまとめている。国勢調査などをもとに計算した平均的な賃金、年齢などもわかる。動画で実際の仕事風景を見せるホームページともリンクしている。

また、「外国で働く」「美的センスを生かせる仕事」など、漠然とした希望から適職を探すことや、これまでの職歴を生かした転職先があるのかを探すことも可能だ。

情報量は、同機構が出版している日本最大の「職業ハンドブック」の約6倍。開発にあたった吉田修統括研究員は「世界最大級の『職の百科事典』だ」と話す。将来はハローワークなどの職業紹介サイトなどともリンクする計画だ。24時間無料。

職業とキャリアに関する総合情報システム キャリア・マトリックス
⇒ http://cmx.vrsys.net/TOP/