会社員の出張が増加している!?(07年2月号)

会社員の出張が増加している!?
 
◆ITの発展は出張を増やす?

先日、「会社員の出張が増加傾向にある」との記事が新聞に掲載されていました。出張増加の背景には、景気回復で企業活動が活発になったためだけではなく、IT(情報技術)の進歩が出張を増やしているといった面もあるようです。

◆鉄道やホテルのビジネスの利用客が増加

昨年4〜10月の新幹線や特急などの輸送客数は前々年同時期に比べ増加しており、旅客数のうち半数以上を出張などのビジネス需要が占めており、輸送客数の増加はビジネス客の貢献が大きいといえます。

新幹線の4〜10月の総輸送客数は前々年同時期に比べわずかな伸びなのに対し、ビジネス需要が多い回数券の伸び率は倍以上で、また大半がビジネス需要であるグリーン車の平均乗車率も上昇しています。

出張客をターゲットにしたビジネスホテルの開業も相次いでおり、あるビジネスホテルは今年4月からの2年間で東京都心部に4カ所を新規にオープンする予定だそうです。

◆ITの進展で商機が広がる

かつては、「IT化が進めば、テレビ会議などで要件を済ませることができるため、わざわざ出張しなくてもよくなる」といわれたこともありましたが、現実にはむしろ出張の増加につながっているようです。IT化で情報が得やすくなり、これまで知らなかった企業や見本市に出かける機会が増えていることなどが背景にあるようです。

ITの進歩によって情報の獲得や発信が容易になり、企業の接点が増えた結果、新しいビジネスチャンスも増加したといえるでしょう。

◆コスト管理は厳しく

出張が増えているとはいえ、バブル期とは異なり企業のコスト管理は厳しいようです。」旅行会社に出張のチケット手配を一任するなど、コストを減らしながらも出張の回数は維持しようとするところも多いようです。

ITの進歩は、意外にも忙しいビジネスマンを一段と多忙にしているようです。