パワハラ(上司によるいじめ)を初の労災認定(07年12月号)

パワハラ(上司によるいじめ)を初の労災認定

◆上司の暴言を苦に自殺

製薬会社に在籍していた当時35歳の男性社員が自殺した原因は、上司の暴言にあるとして、社員の奥さんが国に対して労災認定を求めていた訴訟で、東京地裁は10月15日、原告側の請求を認め、労災であると認定しました。

◆「パワハラ」とは何か?

「パワハラ」とは、パワー・ハラスメントという和製英語の略称であり、一般的に、職場での地位を利用した上司によるいじめや嫌がらせのことをいいます。今回の訴訟は、パワハラを原因とする社員の自殺を労災認定した初の司法判断とのことです。

上司のパワハラによる被害は、退職やうつに追い込まれるケースも多くありますが、これまでは労災の対象になるとは考えにくかったのです。

◆パワハラと「指導」の違いはどこに?

上司や企業の側は、「指導」という言葉でパワハラを正当化しがちな傾向にありますが、実際にはいじめや暴言、しごきという実態が存在することもあるようです。

今回の訴訟で問題となった上司の発言にも、「存在が目障りだ」「お願いだから消えてくれ」「お前は会社を食い物にしている、給料泥棒!」といった暴言があったようです。男性社員は、上司のこのような発言によって自分を責め続け、ついには自殺願望から抜けられなくなってしまったとのことです。

言葉による暴力は、時に実際の暴力よりも人を傷つけることがあります。自分のストレスのはけ口として部下にあたっていることはないか、今一度自己の言動を見直すことも必要かもしれません。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■「精神障害等の労災補償について」関連情報(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/090316.html
「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」を一部改正(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/04/h0406-2.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――