パートタイマー均衡待遇推進助成金〔 短時間労働者均衡待遇推進助成金 〕(平成20年12月拡充)

◆パートタイマー均衡待遇推進助成金 (平成20年12月拡充)◆
〔 短時間労働者均衡待遇推進助成金 〕

パートタイム労働者に対して、正社員との均衡を考慮した評価・資格制度や、
正社員への転換制度等の導入を行い、パートタイム労働者の待遇改善に取り組む
中小企業の事業主に対する助成を拡充します。

【 従来の支給対象メニューと支給額(2回に分けて支給) 】

@正社員と共通の評価・資格制度の導入・・・・・・・・・・・・・・⇒ 50万円(25万円×2)
Aパートタイマーの能力・職務に応じた待遇制度の導入・・・⇒ 30万円(15万円×2)
B正社員への転換制度の導入・・・・・・・・・・・・・・・・⇒ 30万円(15万円×2)
C短時間正社員制度の導入・・・・・・・・・・・・・・・・・⇒ 30万円(15万円×2)
D教育訓練制度の導入・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・⇒ 30万円(15万円×2)
E健康診断制度の導入・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・⇒ 30万円(15万円×2)

制度を新たに設けて(就業規則または労働協約に規定することが必要)から2年以内実際に対象者が出た場合に第1回目を支給します(既に実施していた場合は支給できません)。 第2回目は、第1回目の対象者が出て6ヶ月後に、その対象者が継続して雇用されている場合に支給します。

【 中小企業への増額支給 】
中小企業については次の場合、助成金を10万円増額支給します。

@正社員と共通の評価・資格制度を設け実際に格付けされたパートタイム労働者が出た場合
  ⇒ 60万円(第1回目 25万円:第2回目 35万円)
A〜E正社員への転換制度等の措置を設け実際に対象となったパート労働者が出た場合
  ⇒ 40万円(第1回目 15万円:第2回目 25万円)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■パートタイマー均衡待遇推進助成金の案内(21世紀職業財団)
http://www.jiwe.or.jp/part/jyoseikin1.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――