人事労務ニュース・インデックス(2006年8月)

記事全文はこちら

●ノヴァ講師の解雇無効 「権利乱用」と京都地裁(8月31日 共同通信)
●「左遷でうつ病」労災認定 1人窓際、給料11万減(8月31日 共同通信)
●人材派遣各社、派遣社員のケア・研修や福利厚生を強化(8月31日 日経)
●内定者に「福利厚生」、リロが企業向けサービス(8月31日 日経)
●「中小企業の知的財産戦略・先使用権制度の活用可能性」
 (8月30日 信金中金総研)

●今春の事務系大卒初任給は20万3960円・経団連(8月30日 日経)
●「法改正が有料老人ホーム利用に与える影響と課題」(8月28日 ニッセイ基礎研)
●社員のウェブ閲覧、大企業の8割が管理(8月28日 日経産業)
●中堅中小企業で人材不足深刻、成長を阻む要因に(8月27日 日経)
●厚労省・フリーター正社員化へ支援加速 企業側とギャップ(8月26日 朝日)
●生命保険料控除、医療や介護など実質拡充・金融庁が要望(8月26日 日経)
●胸部X線検査は40歳以上に限定、職場健診で厚労省(8月24日 日経)
●「会計参与」中小企業300社導入 経理の信頼性向上狙う(8月24日 日経)
●外国人労働者:健保加入実態調査へ 企業の指導強化(8月24日 毎日)
●雇用保険料率、景気連動で機動的に改定 厚労省方針(8月23日 日経)
●30歳未満の正社員「増やす」企業36% 厚労省調査(8月23日 朝日)
●7,500万円支払いで和解 三井生命所長の過労死訴訟(8月22日 共同通信)
●IT大手、在宅勤務3万人可能に 「全社員対象」広がる(8月22日 日経)
●偽装請負の是正指導最多に 05年度、974件(8月22日 日経)
●「労災増、下請け把握を」厚労省 製造請負問題(8月22日 朝日)
●人材各社、シニア派遣を本格化 「団塊」大量退職に備え(8月22日 日経)
●「育児中女性の就業に関するアンケート調査」実施(8月21日 フジスタッフ)
●養育費の請求、国が支援 離婚母子家庭急増で(8月21日 共同通信)
●テンプスタッフ子会社、営業社員を育成して企業に紹介(8月21日 日経)
厚生年金、パート拡大で「どうなる」 厚労省が試算(8月20日 読売)
●年金保険料納付ミス救済に調査チーム 社保庁(8月20日 朝日)
●通算年金、予定利率1.75ポイント上げ(8月20日 日経)
●健康保険料の料率上限を上げ、08年度から年収の10%に(8月19日 日経)
●厚年・政管健保未加入事業所は約6万3,500 社保庁調査(8月18日)
●不正求人500件、派遣・請負業者 東京都内(8月18日 朝日)
●確定拠出年金の加入200万人突破へ、中小にも広がる(8月18日 日経)
外国人実習生、低賃金で酷使 雇用側の不正増加(8月17日 朝日)
●「高齢者の意欲と生産性を高める職場とは」リポート(8月17日 みずほ総研)
●中小企業における「2007年問題」への対応等 レポート公開
 (8月16日 大阪市信)

●インターンシップ実施企業が拡大、今夏40%増に(8月16日 日経)
●相続・贈与一体課税、中小の事業承継を円滑に(8月15日 日経)
●介護休業の取得率0.04%、規定持つ企業は増加 厚労省(8月15日 日経)
●作業員2人を共犯で送検―川崎南労基署(8月14日 労働)
●「偽装請負」の是正促す 経団連会長、対策検討へ(8月14日 共同通信)
トヨタ系企業が労災隠し 偽装請負が背景に(8月13日 朝日)
●労働者派遣、税理士・司法書士・社会保険労務士の3業種を容認 政府方針
 (8月12日 日経)

労災、場所偽り報告 シャープ下請け会社(8月12日 朝日)
●ワークス研究所、リポート「働く人の心を守れ」を公開(8月11日)
●知財保護に弁理士活用・代理人業務を拡大、特許庁検討(8月11日 日経)
●年金保険料の納付記録、領収書なしでも訂正 社保庁が受け付け
 (8月11日 日経)

●企業の約4割で「選抜型育成」を実施/産能大調査(8月10日)
●離婚時の年金分割、代行部分も対象に 厚労省(8月10日 日経)
●70歳以上重症患者、食費などの負担免除へ 療養病床(8月10日 読売)
●育児休業取得率、女性は最高の72%・男性は0・5%(8月10日 読売)
非正規雇用者の社会保険加入を徹底へ 社保庁が実態調査(8月10日 朝日)
●「偽装請負」?大阪労働局が松下子会社の実態調査(8月10日 読売)
●インテリジェンス「企業における求人サービス利用状況調査2006」を発表(8月9日)
子育てで半日勤務OKに 国家公務員に新制度(8月9日 朝日)
●「組合員への配車差別」、不当労働行為と認定/田中陸運事件(8月8日 中労委)
●誠実団交応諾を命令/エイアイジー・スター生保事件(8月8日 中労委)
●使用者側の行為を不当労働行為と認定/南労会(平成9年度賃上げ等)事件
 (8月8日 中労委)

●組合側の再審査申立てを棄却/朝日放送事件(8月8日 中労委)
●「大企業病防げ」トヨタが業務一斉点検 全従業員対象(8月8日 朝日)
●「時効で年金不払い不当」と提訴 社保事務所ずさん管理(8月8日 朝日)
●東海ゴム、派遣・再雇用者の働く環境整備へ部署新設(8月8日 日経産業)
●介護理由に配転禁止求める NTT西社員が仮処分申請(8月8日 共同通信)
●時間外月100時間で精神障害多発(8月7日 労働)
●政管健保の保険証に臓器提供欄新設へ、ドナー増加期待(8月7日 読売)
●野村総研やトヨタ、妊娠中から「子育て支援」(8月5日 日経)
●特許の審査料、赤字の中小企業は半額に減免(8月4日 日経)
●トヨタ労組、パートを組合員に 期間従業員も検討(8月4日 朝日)
●ワークス研究所、民間企業の「中途採用調査2006」を実施(8月3日)
●日本ユニシス、育児・養育支援制度を拡充(8月3日 日経産業)
●富士ソフト、専門能力持つ社員向けに「スペシャリスト」制度(8月2日 日経産業)
●キヤノン、「派遣」明確に区分 請負労働者問題(8月2日 産経)
●松下のプラズマ子会社、外部社員2割を正社員に(8月2日 日経)
受給後、請負に変更 派遣採用への補助金 松下系工場(8月2日 朝日)
●企業年金、加入者不利の規約相次ぐ・厚労省が改善促す(8月1日 日経)
●製造業の元方事業者による総合的な安全衛生管理の指針を策定
 (8月1日 厚労省)