労務相談 Q&A 事例 一覧

労務相談 Q&A 事例 一覧

こちらに掲載の事例は全て「オープンな公開相談」です。
★直接当事務所に頂いたご質問・ご相談は、守秘義務の関係上一切掲載しておりません。

Q.法定労働時間内の残業代を、通常の賃金より低くしてもいいですか?(10月4日)
Q.変形労働時間制の残業代はどう計算するの?(9月29日)
Q.日曜に徹夜勤務させたが、割増賃金はどう計算すればいいの?(9月16日)
Q.臨時社員に有休は必要ですか?もし再契約したらどうなりますか?(9月6日)
Q.病欠で今年の有給がない場合、来年の有給は何日?(9月6日)
Q.嘱託社員として再雇用した場合、一般財形貯蓄は継続できる?(8月23日)
Q.休業補償は福利厚生でしょうか?給与でしょうか?(8月22日)
Q.変形労働時間制で交替制勤務をとる場合、休日はどう定める?(8月22日)
Q.建設業には労働時間延長の上限はない?ならば36協定も不要では?(8月15日)
Q.年次有給休暇の勤務日数には、試用期間も含めるの?(8月11日)
Q.派遣社員には有休をいつ与える?(8月9日)
Q.36協定で締結した上限時間を超えて働かせたらどうなるの?(7月20日)
Q.通勤手当でも割増賃金の計算から除外できない場合があるの?(7月19日)
Q.通勤手当は病欠した月でも支給するものでしょうか?(7月18日)
Q.特別休暇の期限や目的を会社が限定することはできますか?(7月14日)
Q.割増手当の計算では、なぜ深夜割増だけ別なのですか?(7月13日)
Q.遅刻者に給与で制裁する手立ては何かないでしょうか?(7月4日)
Q.当日になって欠勤するパートさんに、金銭的な制裁を加えても良いか?(6月29日)
Q.振替休日に有効期限はありますか?(6月26日)
Q.派遣社員の雇い入れ時健診は?(6月19日)